高野車(a.k.a mixer車)最後の中央道

8/8、四年間乗った車を廃車してきた。八王子から引っ越してくると、やはり駐車場代がネックで手放すことにした。
ホントはシンガポールから帰ったらすぐ、廃車する予定だったのだが、愛着があってなかなか処分できなかったのです。コインランドリーの乾燥待ち中に「これでいいや」と、ぱっと買った中古車は、その後の四年間いろんな荷物を運び、いろんなところに行くことになった。総走行距離は約4万2千キロ、地球一周とちょっとだ。乗り始めのころは都心部や首都高を走るのは怖くて大変だったが、今では都内の道も大体わかるようになった。廃車手続きのために乗った最後の中央道は寂しいながらも気持ち良かった。
ホント、お疲れ様でした。

R0012342 2
写真は引っ越し後から八月アタマまで、都内某所の森の中に置かせてもらっていたときのもの。