成田に着くまでにすること

海外へ行くときは成田空港へ着くまでにpowerbookを開いて、事務的なメールを打つのが決まり事のようになっている。
今、このエントリーも京成スカイライナーの中で書いている。
この前は京成線の特急(?急行だっけな、とにかくはやいやつ。千円で成田まで)だったが、今回はスカイライナーだ。座席も進行方向向き、テーブルだってついる。時間も15分早く着く。指定席だ。平日なので、シートはガラガラだ。スゲー。この快適さが+920円分だ。

今日は朝はやくからシンガポールでも着る服を洗濯をした。丁度梅雨があけたようで良く乾いた。
洗濯して、データのバックアップをとって(海外・野外でのイベントに行くときは自宅にバックアップデータを残すようにしている)、荷物を詰めて、立ち食いそばで昼飯を食べ、シンガポールのカイちゃんに渡すおみやげを買った。
出発前はいつもバタバタしてしまう。今日は爪切りが見つからなくて困った。結局見つからなくて、爪は伸びたままだ。

一週間で日本に戻る。熱帯のシンガポールで過ごした一週間後、帰ってきた日本は夏のど真ん中になっているのだろうか。
はたして、向こうで爪は切れるのだろうか。

日差しが強いから車窓から見える緑が鮮やかだ。民家の先に咲いている花も発色が良い。
次は成田。その次の次が成田空港第1旅客ターミナル。
二時間後には飛行機の中で、三時間後には空の上だ。

六本木はDDDのホームグラウンド。友人知人も多くみにきてくれた。見に来てくれたみなさん、手伝ってくれたみなさんありがとうございました。

次はアウェイ戦。ダンス/フォーマンスアートの、みちのくプロレス=チームD.D.D.機材を背負って飛行機に乗り込む。

今回も良い公演になりますように。