the sex

11/22
OPEN&START/23:00
@Heavy Sick Zero
DOOR/¥2000(1D)
W.F/¥1500(1D)

WEB/
http://sound.jp/thesex/

DJ/
CRYSTAL (TRAKS BOYS)
DJ 1DRINK (JAYPEG)
阿部周平 (JAYPEG)
コンピューマ
LATIN QUARTER
AWANO (LEAF/MIND GORILLAA)
スパルタカスおさむ (NHC)
LIVE/
COM.A (ROMZ/Tigerbeat6)
2MUCH CREW
虫ミュージック
ボーナスビーツ
DOWN TOWN BOOGIE-BOOGIE BAND
VJ/
mixer
MUKADE

「Do It Yourself」な旗の下、さまざまなコミュニティが独自の信念と倫理を掲げ、ヒーロー不在の退屈な日常を有意義なものにするべく、あの手この手でパーティを仕掛ける。
「すばらしき哉、わが人生」
自分の居場所を作るため、気の合う仲間と連帯してみる。そして味わう、充・足・感! 
ところで、その「充・足・感!」の裏側には、残酷な粛清裁判があることをご存知ですか? 
各コミュの「張りのある日常」に不快感を与える者は、仲間であろうと審議にかけられ「異物」のジャッジが下されると同時に恐怖の「追放」が待っている。無気力、皮肉屋、ピグマリオン症候群・・・特殊個性を持つ面々は常に犠牲を受けている。なぜなら爽快じゃないからだよ!
「アンダーグラウンド」と称される領域で、この粛清を受けた者達の末路は険しい。ただでさえ「アンダー」なのに、さらなるマイナー/地下生活を強いられる。人知を超えたどろんこ生活。冬の青空は冷たい。
「昔は友達だったのに・・・」
そんなボヤキの進化論が『The Sex』だ。
ミミズやアメンボと共存する地平からの王位奪還。
彼らの引き摺る足元が残す一本の短い足跡は、コカインにも似て、見るものに儚い希望を与えてくれる。
被差別の差別を見よ! 泣く子は殺す!